療育

DSC_0015

 

 

 

 

言葉や身体機能など、発達の遅れが見られるお子さんについて、お子さんが少しでも生活しやすくなるように、個別に臨床心理士等が相談を受け、具体的な指導を行い生活に必要なスキルを練習していきます。

主な対象は就学前から小学校低学年までです。

必要に応じて小集団で行うこともあります。